あなたの会社のIT部門

会社全体のパフォーマンスを上げるために必要なたった一つのこと

業績が上がる会社の共通点とは…?

とあるデザイナーの日常

「こんな問い合わせが、毎日のように私のところに来るんです」
社内でデザイン業務を担当しているという彼女が、少し疲れた様子でつぶやいた。

『朝、仕事をしようとパソコンの電源を入れたら、真っ黒な画面のまま…』
『業務中、いきなりインターネットに繋がらなくなった…』
『印刷したのに、プリンターから何も出てこない…』

彼女の話をよく聴いてみると、その会社では彼女が一番コンピュータに詳しいため、社員全員から頼られているらしい。
しかし責任感の強い彼女は、本業であるデザイン業務が遅延すると他の人に迷惑をかけてしまうという想いから、日常的に残業や休日出勤をせざるをえない状況だという。

一方、似たような環境でありながらも、IT系のトラブルが発生しても、誰かの業務を中断することなく、全員がそれぞれの本来の業務を集中して作業できる会社もあります。

IT系のトラブルがあったときに…

業務が中断する会社 vs 集中して作業できる会社

どんなにコンピュータに詳しい人がいても、
「ITに特化した独立部門」
がなければ、会社全体のパフォーマンスを上げることはできません。

「IT部門を新設する余裕は、うちの会社にはない…」
「技術に詳しい人を採用すると言っても、採用基準がわからない…」

そんなご心配は必要ありません。

IT部門を作るために、社員の雇用は必須ではありません。
外部の専門家と連携する

bbb

Affinity

ccc